日本初お披露目のアードベッグ・ダークコーヴ。

【2016新発売】アードベッグ・ダークコーヴ(ARDBEG DARK COVE)

アードベッグ・ダークコーヴ(ARDBEG DARK COVE)とは

アードベッグ・ダークコーヴ(ARDBEG DARK COVE)とは、日本では2016-05-27に新発売される、アイラ・モルトArdbegの新銘柄。

アードベッグ・ダークコーヴ(ARDBEG DARK COVE)について

日本初お披露目のアードベッグ・ダークコーヴ。
日本初お披露目のアードベッグ・ダークコーヴ。

アードベッグ・ダークコーヴ(ARDBEG DARK COVE)は、アードベッグ蒸留所がリリースする新銘柄です。

アードベッグをご存知ない方のために簡単に説明いたしますと、もともとアードベッグは、スモーキーさを身上とするアイラ島のモルトウイスキー(アイラ・モルト)の中でも特に煙たくピーティで、スモーキーフレーバーウイスキーの代名詞的な存在です。アードベッグについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

さて、アードベッグ・ダークコーヴ(ARDBEG DARK COVE)は、2016-05-27に六本木で行われたアードベッグ・ナイトにて日本では初お披露目になります。(とはいっても、アードベッグコミッティーに参加している人は、事前にそれなりのお値段で購入できました。)

暗い洞窟をイメージした地下のバーは大盛況。
暗い洞窟をイメージした地下のバーは大盛況。

ダークコーヴは「暗い洞窟」の意味で、密造時代を意識しています。アードベッグナイトは、19世紀頃の密造時代をイメージした催しになっており、怪しい「案内人」に道を尋ねないとお店に入れない仕掛けがあったり、RPG形式の「謎解き」の要素があったりと、なかなか趣向をこらした面白い仕掛けになっていました。

さて、肝心のアードベッグ・ダークコーヴにまつわる情報ですが、詳しいことは正直良くわかっていません。「ダークシェリー」とやらの樽を用いていることは確からしいのですが、ダークシェリーというものが判然としません。スイートさから推測するに、ペドロヒメネスなどの粘度が高く比較的黒っぽい、甘口シェリーのことなのでしょうか。

アードベッグ・ダークコーヴ(ARDBEG DARK COVE)の香りと味わい

アードベッグ・ナイトの会場内ボード。その真下の樽でダークコーヴがお披露目されました。
アードベッグ・ナイトの会場内ボード。その真下の樽でダークコーヴがお披露目されました。

まずは香りから。ARDBEG TEN(10年もの)に比較すると、ヨード香、穀物香が強めで、一方でスモーキーさはかなり抑えられています。ヨードの奥には、バニラ香、シェリー樽由来のレーズン、フルーツ、蜜、ハニー、バニラ。

飲みやすさも、アードベッグ10年を遥かに超えています。ビリビリ来るコールタールのような刺激感が減り、一方でスパイス的なチクチクとした刺激があります。

総合して、アードベッグ10年よりもスイートかつフルーティ、刺激感も抑え目で非常に飲みやすいアイラ・モルトという評価です。

同伴していた、あまりウイスキーが得意でない友人からも「香りもいいし飲みやすい。10年よりおいしい」と非常に評判でした。初心者から上級者までオススメです!(まだAmazonで販売していないので、以下の商品紹介リンクはその他のアードベッグシリーズをご紹介しています。)

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。