【本場で人気のウイスキー】Bell’s(ベル)

Bell’s(ベル)の特徴

1000円前後で買えるお手頃な価格帯ながら、スコッチらしいスモーキーさがあります。スコットランドで3番めに売れてるとか。繊細ではなく、田舎臭い朴訥な香り、味わいです。

Bell’s(ベル)の味わい

ブレンダーはアーサー・ベル。ラベルにも彼の絵が描かれています。

このブランドが作られたのは1845年。

このブログを書いている2015年7月時点でまだブレンダーの名が轟わたっているのは素晴らしいことです。

日本の名ブレンダーである輿水精一氏も、こうして名がボトルに残るようになるんでしょうかねえ。

ベルスコッチのキーモルトは、ハイランド地方のブレアソール蒸留所で造られており、ベル独特の香りを与えています。

他には、

などがキーモルトとして使用されています。

なお、「スコットランドのベル」つながりで、電話を生み出したあの「グラハム・ベル」の名を冠した限定ウイスキーを出していることも知られています。

「ウェディングベル」にかけて、結婚式にはかかせないウイスキーとしても知られています。

Bell’s(ベル)の総評

スコッチらしい煙たさ、味わいが白眉。

尖ったような若いアルコール臭などもなく、嫌われる要素がないことと、わかりやすいスコッチらしさの両立がBell’sの特徴だと思います。

コストパフォーマンスの高さを踏まえて星4つ。オススメです!

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。