【カフェ式】ブラックニッカスペシャル(Black Nikka Special)

ブラックニッカスペシャル(Black Nikka Special)とは

アサヒビール配下のニッカブランドを象徴するブレンデッドウイスキー。宮城峡と余市のシェリーオーク原酒とカフェグレーンがブレンドされた甘めのウイスキー。

値段は2015-09-13時点で1300~1600円程度で購入できるので大変手頃。

ブラックニッカスペシャル(Black Nikka Special)の味わい

濃厚な甘味が特徴。ペドロ・ヒメネスのシェリー酒を思わせるふくよかな甘い香りがあります。

また砂糖を焦がしたような、あるいはバニラのような香りもあります。これらは多分に樽の木材由来でしょうが、他社製品との違いはなんといってもカフェグレーンの使用でしょう。

カフェグレーンとは、いまやスコットランドにもないカフェ式連続蒸留器で作られるグレーンウイスキーのことで、一般的な連続蒸留器に比べて原料由来の風味を多く残せるという特徴があります。

カフェグレーンの名を冠したウイスキーはもちろんのこと、ニッカブランドブレンデッドウイスキーにはよく原酒として利用されているそうです。

ニッカの自慢というだけあって、確かに甘い香りが強く残っています。私が飲んだ中でもかなり甘めの部類に入ります。以前飲んでいまはなかなか手に入らなくなってしまったスペイサイド原酒で作られた安ウイスキー「The Dark」が相当の甘さでしたが、それに匹敵あるいは超えるほどの甘さです。

ブラックニッカスペシャル(Black Nikka Special)のオススメの飲み方

トゥワイスアップやロックにしてもいいですが、食後のちょっとしたデザート代わりにチェイサー片手にストレートで飲むのがおすすめです。

ナッツなどよりは、バニラアイスやスイートチョコレートが合うでしょう。

また、ストレートで飲むと感じる、ほのかな塩っぽさと、ちょっとした粉末感が、なめらかすぎないスイートチョコレートに合うと思います。

手軽に入手できるミルクチョコレートで言うと、ガーナチョコはなめらかすぎるので、明治や森永、Kissチョコなんかが良いと思います。

チョコレートに合う一方、ハイボールにして食事と一緒に…といった飲み方は、できないことはないですがちょっと無理がある気が。

ブラックニッカスペシャル(Black Nikka Special)の総評

ここまで甘いウイスキーもなかなか知らないので、ちょっと甘いウイスキーが飲みたいなーという時に重宝する一本。

値段も安めだし、これは常備しておく一本になります。食後のデザートとして、あるいは食後のデザートと一緒に味わうのがおすすめです!

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。