緑の瓶が特徴的

【バランス】チェリーウイスキーEX

チェリーウイスキーEXについて

チェリーウイスキーEXは、福島県の笹の川酒造で作られる地ウイスキーです。

笹の川酒造といえば、新たに安積蒸溜所を設立することがウイスキファンの中で大いに話題になっています。

筆者もそうしたファンの一人で、樽オーナー制度に一口かんでおり、このたび蒸溜所見学の予定も入っています。

そうしたわけで、安積蒸溜所の見学に行く前に、笹の川酒造の現行ラインナップを楽しんでおこうと思い、手に取ったのが「山桜」とこの「チェリーウイスキーEX」というわけです。

チェリーウイスキーというと、バー漫画「Bar レモンハート」4巻で「究極の安いサケ」といった紹介があったものですが、これはチェリーウイスキー「EX」なので別物と考えてよいでしょう。

安積蒸溜所が必要になる前までは、以前の蒸留設備でつくられた原酒が残っており、それでこれまでの需要をまかなえているそうですから、このチェリーウイスキーEXはその「以前の蒸留設備」で作られたものなのでしょう。

緑の瓶が特徴的
緑の瓶が特徴的

チェリーウイスキーEXの香りと味わい

さて、そんなチェリーウイスキーEXをテイスティングしてみます。

香りは強くないものの、非常にスムースでマイルド。ほのかな木香。

やわらかいモルト、レーズンの甘さ。ピーティさは無く、非常にジャパニーズらしいトゲのない香りです。バランスの良さが光ります。

味わいも、やはりジャパニーズらしい非常にスムースな味わい。サントリーローヤルマルスの3&7に近いマイルドさがあります。

加水するとほのかにブリニー、ピスタチオのようなナッティな印象が出てきますが、若干バランスが崩れるように思います。

加水は面白いですが、ストレートでも十分マイルドで飲みやすいので、ストレートの方が個人的にはおすすめですね。

2000円しないクラスの銘柄で、このクオリティは非常に驚きです。旧蒸留設備のチェリーウイスキーが飲めるのは今だけかもしれませんので、売り切れる前に早めに購入されることをオススメします!

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。