宮城峡のキング・オブ・ブレンダーズのプレート

【特集】父の日のプレゼントにオススメのウイスキー13選

父の日には思いを込めた贈り物を

父の日は、思いが伝わる贈り物を。ウイスキーには、ボトルの背景にいろいろなドラマや歴史があります。父の日を機会に、ウイスキーボトルに思いを込めて、父とゆっくりお話する機会をお作りになってはいかがでしょうか。以下に父の日のプレゼントにおすすめのウイスキーをご紹介します。

父の日のウイスキーの選び方

宮城峡蒸留所にある、ニッカのボトルのディスプレイ。よく見ると、ウイスキー以外にブランデーやアップルワインといった商品があることがわかります。
宮城峡蒸留所にある、ニッカのボトルのディスプレイ。一社からでも数多くの種類のウイスキーが作られています。1から選ぶのは大変です。

いろんな考え方がありますが、やはりお父上ご本人に喜んでもらうことが一番だと思います。では父は何に喜んでくれるかというと、ウイスキーなどの贈り物自体ではなく、

  • 自分(父)のことを考えて、
  • 真剣に品物を選んでくれた事実

に一番喜んでくれるのだと思います。ですから、喜んでもらえるウイスキー選びのポイントは、

  • 父の好きなことやこだわりを知り
  • かつそれに適切な意味付けがあるものを選ぶ

といったことだ思うのです。例えば、

  • 海が好きな父には、海の香りするウイスキー(銘柄でいうとボウモアBOWMOREなど)をプレゼント
  • 黒澤明の映画が好きな父には、黒澤明が愛したウイスキーであるホワイトホースWHITEHORSEをプレゼント

といったことだと思うのです。といった理屈を踏まえ、おすすめのウイスキーをいくつか下記にご紹介いたします。

※注意
商品画像は広告として表示しておりますので、広告ブロック系のアドオンを利用されている場合、記事の文章やデザインに不整合があらわれる場合がございます。アドオンをいったん解除されるか、ある程度の不具合は承知の上で閲覧いただきますようお願いします。

父の日におすすめのウイスキー銘柄のご紹介

以下に、ウイスキーのオススメをご紹介。もちろん背景の説明を簡単に添えています。また、気に入った銘柄があっても、近所にデパート等がなかったり、またデパートでも取り扱ってない場合もあるかと思いますので、そうした場合は、Amazonでギフト包装(数百円)を依頼するのも手ですので、そちらもご検討ください。

肉体派の父に、モンキーショルダー

ウイスキー製造、フロアモルティングに限らず大変な重労働だった。
ウイスキー製造、フロアモルティングに限らず大変な重労働だった。

モンキーショルダーとは、ウイスキーの原料である麦芽を製造するフロアモルティングという作業員の職業病のこと。

猿が肩の上に乗っかっている方のような痛みを指すようです。または、その重労働によって猿のような肩になるから、とも言われています。

ともかく、そうした重労働を行うフロアモルティングのスタッフに敬意を表して作られたウイスキー。

肉体派のお仕事をされている、あるいはされていたお父上に感謝と敬意を表して、モンキーショルダーをプレゼントしてみるのも良いかもしれません。

ちなみに、モンキーショルダーは有名な銘柄で、『Barレモンハート』や『北のライオン』にも取り上げられています。中身はスコッチのブレンデッド・モルト

が使われています。

家族愛にあふれた父に、グレンフィデック

グレンフィデックは、ウィリアム・グラント・アンド・サンズ社シングルモルトの銘柄。同社は巨大な規模の蒸留所を所有し、世界的な名声を得ながらも、一貫して家族経営を続けてきました。今も残る蒸留所の通路などの建設は、家族が自分らの手でくみあげたと言われています。

ちなみに、同社所有のグレンフィデックバルヴェニーといった蒸留所の原酒をブレンドして作られるウイスキーが、グランツ・ファミリー・リザーブです。

グレンフィディックは定番すぎて面白くない、という方には、同じく家族経営で高品質なウイスキーを生産することで有名なグレンファークラスも良いでしょう。

海が好きな父にはボウモアがおすすめ

海や海産物が好きな父には、潮の香りがするウイスキー、ボウモア(BOWMORE)がおすすめです。

ボウモアがなぜ潮の香りがするかというと、麦芽の乾燥の際に用いられる燃料、ピート(泥炭)に海藻が含まれており、かつ貯蔵庫が海抜0Mにあるため、潮の香りがウイスキーに含まれるというわけです。潮の香りがするので、牡蠣などの濃厚な味の海産物との相性も抜群です。

一方で、海ではなく川が好きな方にはシングルモルト銘柄のクライヌリッシュがおすすめです。クライヌリッシュの蒸留所はブローラという名前の川沿いにあり、昔はクライヌリッシュではなくそのまま川の名ではなくブローラと呼称していました。

このブローラ川はサーモン・フィッシングのメッカとして知られ、川、もとい川釣りが好きな方にとってはたまらない聖地であるそうです。

父の長生き祈念なら縁起の良いオールドパー

田中角栄も愛したと言われる、ブレンデッド・スコッチの名作、オールド・パー。152歳まで生きたといわれるパー爺さんの名を冠した、縁起の良いウイスキーです。また単純に、ブレンデッド・ウイスキーとしても高品質で良いお酒。長生きの祈念に、おすすめです!

父と仲直りするならワイルドターキー・フォーギブン

「許された」という意味のフォーギブンという名を冠す、バーボンの有名ブランド、ワイルド・ターキーの1銘柄。通常のグレーン・ウイスキーに、誤ってライ・ウイスキーをブレンドしてしまったがために偶然生まれたウイスキー。

ブレンド技師は怒られることを覚悟したそうですが、偶然にもおいしいウイスキーになったので、フォーギブンとして販売されることになり、結果として許されたそうです。

父と喧嘩して、うまく仲直りできてなかった方は、ワイルド・ターキー・フォーギブンを飲み交わして、仲直りの機会を作るのも良いかもしれません。

競馬好きな父にはアーリータイムズ

アメリカのケンタッキー州で行われる競馬の大祭、ケンタッキーダービーでは、アーリータイムズで作られるミントジュレップが公式ドリンクとして飲まれています。競馬好きな父にはアーリータイムズでミントジュレップを作ってあげて、ケンタッキーダービー気分を一緒に味わうのも良いかもしれません。

また他にも、競馬にかぎらず馬が好きであれば、馬がラベルにあしらわれたホワイトホースの年代物、ホワイトホース12年も良いでしょう。こちらも飲み慣れていたり、家にボトルがある場合であれば、ホワイトホースのキーモルトであるラガブーリンをプレゼントするのも良いかもしれません。

ホワイトホースのハイボールに、キーモルトであるラガブーリンをそっと注いで、モルトウイスキーの香りの深さとブレンデッド・ウイスキーの香りの深さを味わうのもオツです。

(余談ですが、ブレンデッドのハイボールにキーモルトを少量追加する飲み方は、『Bar レモンハート』でスーパーハイボールという呼称で紹介されていました。)

質実剛健な父には、フロム・ザ・バレルを

樽出し直後の度数とほぼ変わらない51.4度での瓶詰めを行うのがフロム・ザ・バレル。いわゆるカスクストレングスで、ウイスキー原酒に近い味わいが楽しめるのが特徴です。

もっと樽出しの状態に近いウイスキー原酒を楽しむなら、ボトラーズのブラックアダーが無濾過、無加水の樽出しウイスキーを出しているので、なかなか手に入りづらいですがそちらもおすすめです。

開拓精神にあふれた父にはグレンモーレンジィ

ウイスキー界で「樽のパイオニア」として挑戦を続けるグレンモーレンジィブレンデッド・ウイスキー用のモルト原酒をいっさい提供せず、すべてシングルモルトとして販売する頑固さがあります。

一方で、ウイスキーにおける樽熟成の重要さに早くから着目し、通常のバーボン樽などを用いた熟成ののち、香りづけ等の目的のために、シェリー樽などに追加で熟成させる「ウッドフィニッシュ(カスクフィニッシュ)」といった手法を編み出したことでも知られています。

開拓精神あふれる父へのプレゼントとして、「樽のパイオニア」グレンモーレンジィはいかがでしょうか。

父と母の夫婦の円満を願うなら「スーパーニッカ」がおすすめ

長々と苦難を乗り越えた夫婦の円満を願うなら、日本のウイスキーの父として讃えられる竹鶴政孝が、妻であるリタへの愛と感謝の意を込めて作ったブレンデッド・ウイスキー「スーパーニッカ」がおすすめです。

竹鶴政孝は、摂津酒造阿部喜兵衛岩井喜一郎、現サントリーの創業者である鳥井信治郎ニッカの出資者である芝川や加賀など、数多くの人々の支援によって、日本に本格ウイスキー製造の土壌を作り上げましたが、おそらく誰よりも彼の夢を身近で支え上げたのは妻のリタ・竹鶴であったでしょう。

彼女は竹鶴のスコットランド留学(1918-1920)によってスコットランドで知り合い、キャンベルタウンで挙式をあげたのち、二度の帰省をするのみで、日本で日本人になりきって竹鶴のウイスキー生産を、精神的にも、そして経済的にも大きくバックアップしました。(詳細はリタ・竹鶴の項をご覧ください)

リタの献身と竹鶴政孝の愛の結晶であるスーパーニッカを、夫婦円満の思いを込めて両親にプレゼントするのはいかがでしょうか。

プレゼントに困ったら

ここまでいろいろとプレゼントにオススメのウイスキーを挙げてきましたが、種類が多くてよくわからない、という場合には最後の手段、テイスティングのためのミニチュアボトルセットという飛び道具もあります。

ウイスキーは種類の多さと奥深さが楽しいものなので、値段に対する満足度の高さという観点では、こうした気軽に飲み比べができるミニチュアボトルセットは安定しています。

父の日のウイスキーのおすすめについてのまとめ

まだまだ紹介したりないところもありますが、取り急ぎここまでとしたいと思います。またの機会に、ウイスキーを楽しむためのテイスティンググラスやスキットル(フラスコ)のご紹介も行う予定です。

他にもウイスキーのおすすめをご紹介しています、よろしければぜひご覧ください。

ちなみに当サイトの管理人は、海釣り好きの父にボウモアをプレゼントするか、夫婦円満を記念してスーパーニッカをプレゼントするか悩んでいます。どうしようかなあ…

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。