四角いボトルに斜めのラベル、彫られたストライディングマンと、ジョニー・ウォーカーシリーズの伝統が踏襲されています。

【贅沢モルト】ジョニー・ウォーカー・グリーンラベル15年

ジョニー・ウォーカー・グリーンラベル15年について

ジョニー・ウォーカー・グリーンラベルは、かの有名なジョニーウォーカーシリーズで唯一のブレンデッドモルト銘柄です。贅沢仕様といえるでしょう。

ジョニー・ウォーカーといえば、日本では古くからスコッチの代名詞的な存在でした。特にジョニー・ウォーカーブラックラベルはジョニ黒と呼ばれ、スコッチの高級銘柄として他の追随を許さない存在でありました。

首元にはジョン・ウォーカー&サンズ社の紋章が誇らしげ。
首元にはジョン・ウォーカー&サンズ社の紋章が誇らしげ。

このように、古くから日本で愛されたジョニー・ウォーカーシリーズで彗星のごとく現れたのがこのジョニー・ウォーカーグリーンラベル15年です。

ジョニー・ウォーカーグリーンラベル15年の特徴は、なんといってもブレンデッド・モルト(ヴァッテッド・モルト)銘柄であることです。つまり、モルト原酒だけで作られているという点です。

他のジョニー・ウォーカーシリーズは、ブレンデッドウイスキーですから、当然ながら半量以上はグレーンウイスキーをブレンドしているわけですが、このジョニー・ウォーカーは単価が高いモルト原酒だけ。非常に贅沢なウイスキーであるといえるでしょう。

ブレンデッド・モルト銘柄といえば、古くは竹鶴ピュアモルト、近年ではシーバスリーガル・アルティスなどがあるものの、決して数は多くはありません。

モルトの個性を出すならシングルモルト・ウイスキーが良いですし、バランスの良さや飲みやすさを重視するならブレンデッド・ウイスキーが良いわけですから、ブレンデッド・モルトというものはコンセプトがなかなか定まらないもの。

つまりよっぽど完成度に自信がないとリリースできないのがブレンデッド・モルト銘柄だと思うのですが、そんななか、満を持してリリースされたのがこのジョニー・ウォーカーグリーンラベルというわけです。

四角いボトルに斜めのラベル、彫られたストライディングマンと、ジョニー・ウォーカーシリーズの伝統が踏襲されています。
四角いボトルに斜めのラベル、彫られたストライディングマンと、ジョニー・ウォーカーシリーズの伝統が踏襲されています。

しかも、公開されているキーモルトは、

などそうそうたるもの。クラシック・モルト・シリーズの蒸溜所が2つも入っています。これは否が応でも期待値が上がるというものです。

ジョニー・ウォーカー・グリーンラベル15年の香りと味わい

さて、そんなジョニー・ウォーカー・グリーンラベル15年をテイスティングしてみます。さすがモルト原酒のみの銘柄。非常に強い香りで、驚くほどのインパクトがあります。

トップノートは意外にもサルファリー(蒸留由来の香り)な部分がありますが、相当にマイルドで、全くイヤミがありません。

奥にはタリスカーカリラ由来と思われるピーティさがあり、このあたりはさすがジョニーウォーカーシリーズ。

次に香るのははちみつ様の濃密な甘さ。カラメルとはまた違った爽やかでリッチな香りです。総じて、香りはスモーキーからスイートまで最高にバランスが良いといえるでしょう。

味わいは非常にオイリーでスムース。ちょっと良くも悪くも驚きのオイリーさです。このへんはさすが15年もの。

ほどよくドライでスパイシー。やはりモルトらしく力強い味わいがあります。一方で、グレーンウイスキーが入っていない分、ストレートで飲むには少し刺激的すぎるきらいもあります。

加水するとフルーツのようなみずみずしさがありますが、やはりビター感は残ります。濃厚なモルト感は半減するので、ナッツやチョコレートと召し上がるなら、ストレートのほうがおすすめです。

市販価格あ4500円前後と、値段だけみると決して安くはない値段ですが、厳選されたモルト原酒が使用されて素晴らしいクオリティが担保されていることを加味すると、むしろ安すぎるくらいではないでしょうか。オススメです!

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。