【潮風】オーバン14年 – 西ハイランド代表

オーバン14年について

オーバン14年は、ディアジオ社のクラシック・モルト・シリーズにおいて西ハイランドを代表する銘酒。より一般的な分類ではハイランド・モルトになります。

オーバンといえば、とにかくクラシック・モルト・シリーズのひとつというイメージが強いです。

クラシック・モルト・シリーズとは、UD社が提唱していた、蒸溜所各地域の特徴を代表する蒸溜所ごとの銘柄で、

の6つが数えられています。

クラシック・モルト・シリーズ以外の一般的な分類では、ハイランドを北と西に分けるかわりにキャンベルタウンがあり、

の6点で分けられます。

そもそもハイランドは非常に広い範囲であり、当然ながらその蒸溜所も「ハイランド風の味わい」と一言で括れるものではありません。北と西で2つに分けてもかなり無理があります。

とはいえ、このオーバンは、たしかに西ハイランドの息吹を感じるのも確かです。それはピートの存在です。

海沿いの蒸溜所でのライトピート蒸留と貯蔵を経ることで、アイラ・モルトとまでは行かないまでも、やはり潮風の存在があります。

オーバン14年の香りと味わい

クラシック・モルト・シリーズのひとつとしての存在感ゆえに、その味わいや特徴についてはあまり語られることが少ない(と思われる)銘柄。ここではあらためて記録を残して行きたいと思います。

さて、まずは香りから。さすがはシングルモルトらしい香り立ちの強さ。力強いエタノールにバーボン樽由来と思われるスイートさ、フルーツ感が押し寄せます。

奥の奥に、ほのかなピート感、潮風もあり、たしかに海沿いの蒸溜所らしさも感じられます。

オーバン14年の総評

オーバン14年は、クラシック・モルト・シリーズの中でもスイートさ、フルーツ感の濃厚さは白眉で、さらに微妙なピート感もあるということで、全体的に振り幅が大きい力強い酒であるといえるでしょう。文句なしの逸品。オススメです!

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。