「大人の琥珀」の箱。500mlの瓶くらいの大きさ。存外にチープなつくり。

【モルティ】ウイスキー用ポッキー「大人の琥珀」

ウイスキー用ポッキー「大人の琥珀」とは

ウイスキー用ポッキー「大人の琥珀」とは、グリコが販売するウイスキーに合わせるために作られたAmazon限定のポッキーです。

ウイスキー用ポッキー「大人の琥珀」について

「大人の琥珀」の箱。500mlの瓶くらいの大きさ。存外にチープなつくり。
「大人の琥珀」の箱。500mlの瓶くらいの大きさ。存外にチープなつくり。

ウイスキー用ポッキー「大人の琥珀」は、日本に3人しかいないマスター・オブ・ウイスキーの佐々木太一氏が監修しており、さすがの出来栄えという具合です。

箱は円筒形で、紙製で存外にチープな印象。商品ホームページでは、見ているこっちが恥ずかしいくらい「上質感」を押し出していますが、それを期待すると拍子抜けするかもしれません。

上質感といっても、「グランピング」とか「ラグーン」とか「僕は今こんなにもゆたかだ」とかって言ってる調子なので、流行りに乗っかってる感や村上春樹的な自己陶酔感があり、そういうのが苦手な筆者は少し引いてしまうのですが、とにかく上質感を演出しようとしている商品であることは確かです。

広告手法やパッケージはあまりハマっていない気がしますが、とにかくこういう商品は広告ではなく物自体が重要です。おいしければ良いのです。ということで試食してみます。

ウイスキー用ポッキー「大人の琥珀」の味わい

「大人の琥珀」の中身。むせ返るようなモルト感。
「大人の琥珀」の中身。むせ返るようなモルト感。

まずは袋をあけた時点で非常にモルティな香りがします。宮城峡蒸溜所の蒸留塔で嗅いだ、むせかえるようなモルトの香りです。食べる前から、「こりゃウイスキー以外には合わないが、ウイスキーには抜群に合うだろうな」ということがわかります。

あらためて香りを嗅ぐと、モルトが練りこまれたプレッツェルからは酵母菌由来と思われる穀物発酵臭がし、コーティングチョコレートからはビターでスイート、また不思議に、不快でない金属的な香りもします。

次に味わい。通常のポッキーよりも粉砕が粗いのか、サクサク感、クリスピー感が強く感じられます。チョコレートは通常のものよりもビターで、甘さもしつこくなく、ウイスキーを邪魔しない作りになっていることがよくわかります。

サントリーが深く開発に関わっているためか、WEB上ではサントリー系のウイスキーとの相性が語られていますが、個人的にはサントリーのような繊細でバランスのとれた味わいのウイスキーよりも、グレンフィデック余市など、直火蒸留でキャラメルのような芳しい甘さのある力強いウイスキーのほうがベストマッチになるのではと思います。

ウイスキー用ポッキー「大人の琥珀」の総評

ウイスキー用ポッキー「大人の琥珀」は、相当クセのある1品ですが、ウイスキーのおつまみとしては最高に良く出来ていると思います。一般的に、ウイスキーはストレートで飲む際には合う食べ物はほとんど無いと思うのですが、これは例外的によく合うと思います。

およそ1000円と、決して安くはないですが、相当に上質なので全く高くありません。Amazon限定で、昨年は4日で売り切れになったそうなので、早めの入手がおすすめです!

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。