ニッカシングルカフェグレーン・ウッディアンドメロウ

【限定】シングルカフェグレーン・ウッディアンドメロウ

シングルカフェグレーン・ウッディアンドメロウとは

シングルカフェグレーン・ウッディアンドメロウは、ニッカウヰスキーの蒸留所限定のシングルグレーン銘柄です。

シングルカフェグレーン・ウッディアンドメロウについて

シングルカフェグレーン・ウッディアンドメロウは、ニッカウヰスキーの蒸留所限定販売の銘柄で、基本的には他で飲むことはできません。

昨今の原酒不足による商品ラインナップ減少のなか、蒸留所でバリエーションを生むために作られたノンエイジ銘柄と思われます。

蒸留所限定シリーズは、他に

などがあり、このシングルカフェグレーン・ウッディアンドメロウは、カフェグレーン特別版だとお思われます。

ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所でつくる一般的なカフェグレーンに比べ度数を高めることで、ウッディ感、樽香を強調した銘柄であると思われます。

シングルカフェグレーン・ウッディアンドメロウの香りと味わい

ニッカシングルカフェグレーン・ウッディアンドメロウ
ニッカシングルカフェグレーン・ウッディアンドメロウ

さて、そんなシングルカフェグレーン・ウッディアンドメロウをテイスティングしたのは2016-09-22、余市蒸留所内のウイスキー倶楽部にて。

度数は55パーセントと非常に高い。それゆえの香り高さがあります。カフェグレーン特有の穀物感のある甘い香りが強い。

スモーキーさはないが、やはり穀物感が目立ちます。トウモロコシの主張は弱い。もしかしたら、一般的なカフェグレーンに比べて、糖化用に使われるモルトの比率が高いのかもしれません。

しかしこのカフェグレーンは独自のポジションをとっています。

ブレンデッドならもっとスムーズにしている。シングルモルトならもっと香りがドライ。単なるシングルグレーンならここまで複雑にはならない。とにかく独自性の高い、特殊な一杯。

味わいは、スムースで抵抗感のない口当たりだが、徐々にビリビリ感、樽感が増してきます。ノンエイジとは思えない濃い色合いから、樽成分の割合の強さがわかります。

グレーンなので当然ながらピート感、ブリニーさもないが、カフェグレーンらしい「モロミ成分が残っている」濃厚さが感じられる。度数が高いので、スムースでありながらフルボディ感のある、非常に強い飲みごたえ。

シングルカフェグレーン・ウッディアンドメロウの総評

シングルカフェグレーン・ウッディアンドメロウは、グレーンウイスキーとして考えると、あまりにヘヴィなので、正直、人を選ぶでしょう。しかし一級品のウイスキー銘柄であることは間違いありません。

蒸留所限定なので、余市蒸留所宮城峡蒸留所に行かれた際はぜひ!おすすめです!

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。