シングルモルト余市ピーティアンドソルティ

【ピーティ】シングルモルト余市ピーティアンドソルティ

シングルモルト余市ピーティアンドソルティとは

シングルモルト余市ピーティアンドソルティは、ピート香が特徴の、ニッカウヰスキーの余市蒸留所限定のシングルモルトです。

シングルモルト余市ピーティアンドソルティについて

シングルモルト余市ピーティアンドソルティは、ニッカウヰスキー余市蒸留所限定販売の銘柄で、基本的には他で飲むことはできません。

昨今の原酒不足による商品ラインナップ減少のなか、蒸留所でバリエーションを生むために作られたノンエイジ銘柄と思われます。

余市蒸留所限定シリーズは、他に

があり、このシングルモルト余市ピーティアンドソルティはピート香を立たせた銘柄です。

シングルモルト余市ピーティアンドソルティの香りと味わい

シングルモルト余市ピーティアンドソルティ
シングルモルト余市ピーティアンドソルティ

さて、そんなシングルモルト余市ピーティアンドソルティをテイスティングしたのは2016-09-22、余市蒸留所内のウイスキー倶楽部にて。

シングルモルト余市2000’sピュアモルト・ホワイト一人で試飲していると、見知らぬ方から「プレゼント、ピーティアンドソルティ」と声をかけられ、グラスをおいてくれました。ものすごく驚いで理由をうかがうと、「さっき一緒のガイドツアーに参加してて、この人は本当にウイスキーが好きなんだろうなあ、って思ったから一杯おごりたくなったんです」とのことで、お礼を申し上げて大変ありがたく頂戴いたしました。

プレゼントしてくださった方は団体でお越しになっており、それ以上の会話はできませんでしたが、このブログ記事にてお礼いたします。もしご本人がご覧になっていただけたら、大変うれしいですね。ウイスキーのとりもつご縁に感謝です。

さて、香りですが、直前にヘヴィなピュアモルト・ホワイトを飲んだためか、それほどピーティさは感じられず。(バーテンダーの方いわく、このウイスキー倶楽部で扱っている銘柄の中で最もピーティとのことですが、あまりそうは感じませんでした。酔いのせいかもしれません。)

若干のフェノールは感じる。香りはむしろスイートさが目立って感じる印象です。

味わいにも、ソルティというほどブリニーさは前面には出てこない。ただし刺激感、ビリビリ感は凄まじい。とてつもなくドライ。ピーティ感は、フィニッシュでヨード、スモークが主張する程度といった具合です。

シングルモルト余市ピーティアンドソルティの総評

シングルモルト余市ピーティアンドソルティは、ある程度の未熟成感を覚悟して出された商品のように思います。かなり癖があるので、初心者にオススメできる銘柄ではありませんが、おもしろい銘柄であることは確かです。余市蒸留所に行かれたらぜひ試してみてください!

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。