【マル島】トバモリー(TOBERMORY)10年

トバモリー(TOBERMORY)10年とは

トバモリー(TOBERMORY)10年は、スコットランド西側のヘブリディーズ諸島に浮かぶマル島で作られるスコッチ・ウイスキーです。本島ではなく、かつアイラ島でない場所で作られるシングルモルトなので、アイランズ・モルトに分類されます。

トバモリー(TOBERMORY)10年について

トバモリー(TOBERMORY)の蒸留所は、スコットランドのマル島に位置する蒸留所です。

マル島といえば、スコットランド西側のヘブリディーズ諸島にあり、スモーキーかつヨード香が特徴的なアイラ・モルトで知られるアイラ島、アイル・オブ・ジュラ蒸留所があるジュラ島の真上に位置します。

トバモリー(TOBERMORY)とはメアリーの安全な井戸という意味。海運業が盛んなマル島らしい名称です。

トバモリー蒸留所は、メインの銘柄であるトバモリーの他、ピーテッドな銘柄レダイグ(LEDAIG)を出しており、小規模蒸留所ながら挑戦的な経営をしていると言えるでしょう。

また珍しいことに、トバモリー蒸留所には熟成庫が無く、スコットランド本土のディーンストンと、アイラ島のブナハーブンで熟成されているとのことです。

トバモリー(TOBERMORY)10年の香りと味わい

トバモリー(TOBERMORY)10年を味わったのは、新宿のスコッチウイスキー・バーのHERMIT。グラスはグレンケアン。

まずは香りから。度数は46.3度ながら、香り立ちの強さは感じず。ノンピーテッドながら、かなり荒々しい香り。

味わいはかなりドライ。ブリニー、スパイスが前面に立ちます。10年物とは思えない未熟成感もあります。レダイグよりはかなりスムースなはずですが、それでも相当にワイルドなウイスキーであるといえるでしょう。

トバモリー(TOBERMORY)10年の総評

スペイサイドのスムースな銘柄が好きな人には合わないかもしれませんが、ハイランドパークラフロイグといったヘビーなウイスキーが好きな人にはたまらないでしょう。島臭いウイスキーを知るにはちょうど良い逸品。オススメです!

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。