vatted-malt(ヴァッテッドモルト)

vatted-malt(ヴァッテッドモルト)とは
vatted-malt(ヴァッテッドモルト)とは、複数の蒸留所で作られたモルトウイスキーのみを混合して作られたウイスキーの分類上の呼称。同義語に、ブレンデッド・モルト、ピュアモルトなど。

vatted-malt(ヴァッテッドモルト)についてさらに詳しく

ヴァッテッドモルト(vatted-malt)と呼ばれるウイスキーの種類はさほど多くありません。代表的な銘柄の一つが、余市と宮城峡のシングルモルトをヴァッティングした竹鶴がありますが、それ以外には一般に知られた銘柄は皆無と言って良いのではないでしょうか。

また、ヴァッテッドモルトの別に言い方にピュア・モルトというものがあります。これは、「混合はしてるけど、グレーンウイスキーとではなくモルトウイスキーだけだからピュアでしょう」という意図が込められています。(一般に、ブレンデッドウイスキーというとモルトウイスキーにグレーンウイスキーを混合しているものを指すため)

vatted-malt(ヴァッテッドモルト)の呼称問題

そもそも、シングルモルトウイスキーを作る際にも(シングルカスクでない場合には)ヴァッテッドして作るものなので、ヴァッテッドモルトと呼ぶのは不適切、というむきもあります。最近の国際的な品評会などでは、「ブレンデッド・モルト」という言い方がされているそうです。確かにそのほうが誤解はなさそうですね。

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。