ホワイトホースの瓶。今もブレンデッドの有名銘柄として残る。

【黒澤が愛した】WHITE HORSE(ホワイトホース)

WHITE HORSE(ホワイトホース)の特徴

有名なブレンデッド・スコッチ。1000円前後で購入できます。蜜のような甘い香りが特徴です。

WHITE HORSE(ホワイトホース)の味わい

キーモルトにアイラ・モルトラガブーリンを使用しているらしく、はちみつのような香りの他に、ほのかにヨード香、またはタールのような香りがします。

味のほうは、バランタイン・ファイネスト(Ballantine Finest)を単純化して渋みを強くしたような印象です。

(個人的には、ちょっと苦手かな・・・)

味よりも香りを楽しむウイスキーとして、酒棚に入れておいて良いかもしれません。

WHITE HORSE(ホワイトホース)のいわれ

かの有名な映画監督、黒澤明が愛飲していたことでも有名。馬好きだからでしょうか。

三船敏郎と二人でボトル3本あけることもあったそうです。

近くの酒屋ではホワイトホースをダース単位で注文しており、「いくらなんでも個人の家でこんな高い輸入酒をダース単位で頼むわけないだろう」と、ミニチュアボトルで納品されたり、ビールを納品されたりと、引っ越し当初は苦労したそうです。

後日その利益もあってかその酒屋は大きく建て替え、黒澤明は「あの柱一本はホワイトホース何本分の利益かな?」と見積もって楽しんでいたそうです。

WHITE HORSE(ホワイトホース)の総評

ホワイトホースに使用されているモルト原酒の一部は下記の通り。

特にラガブーリンは、以前は蒸留所にホワイトホースの看板がかかっていたくらい、ブレンドには欠かせないモルトです。

また、このホワイトホースは世界中にスコッチを広めた5大銘柄の一つで、

とあわせて「ビッグファイブ」と呼ばれているそうです。

 

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。