山崎12年のグラス。

【シェリー香】山崎12年

山崎12年とは

山崎12年とはサントリー社の山崎蒸溜所で作られるシングルモルト銘柄です。シェリーのニュアンスが特徴的です。

山崎12年について

山崎12年のグラス。
山崎12年のグラス。

山崎12年は、長らく、山崎蒸溜所のスタンダード銘柄として君臨し続けていましたが、近年のウイスキーブームよって深刻な原酒不足に陥り、NAS銘柄の「シングルモルト山崎」がスタンダード銘柄になってしまいました。

いまや、山崎12年は10000円を越えるほどの金額になってしまいましたが、高品質なシングルモルトなので、決して高すぎる金額設定ではないかもしれません。

山崎蒸留所といえば、1923年、鳥井信治郎が雇った竹鶴政孝によってプロデュースされた日本最古のウイスキー蒸留所です。名水と名高い仕込み水で仕込まれており、また往年のブレンダーらによってバランスのとれた非常に完成度の高いウイスキーに仕上がっています。

山崎12年の香りと味わい

さて、そんな山崎12年をテイスティングしてみました。

まずは香りから。相当にフルーティなシェリー香が漂います。サントリー社といえば、白州蒸留所モルトの爽やかでフローラルした味わいも印象的ですが、こちらは対象的に濃厚でフルーティです。同じシェリー系のグレンドロナックに比べると芯の通った個性は控えめで、マッカラン系統の、やさしくまとまっている印象です。

次に味わいですが、これも非常に良く出来ています。さすがに未熟成感はほぼ感じられず、刺激感も非常に弱め。やさしい穀物感とスムーズな口当たり。少量加水しましたが全くバランスが崩れません。さすがシングルモルト・ジャパニーズ・ウイスキーの代表格なだけあります。

山崎12年の総評

山崎12年は、シェリータイプのシングルモルト・ジャパニーズ・ウイスキーを代表する銘柄です。ジャパニーズを知るには避けて通れない必須銘柄です。おすすめ!

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。