bowmore12

【アイラの女王】BOWMORE(ボウモア)12年

アイラ島で作られるウイスキーを代表する銘柄の一つ。アイラ・モルトの女王と呼ばれます。

ボウモアは、アイラ・モルトらしく、海藻を含んだピート(泥炭)を用いており、ほのかに潮っぽさ、海の香りがするのが特徴です。女王というだけあって、繊細さ、柔らかさが感じられるのもポイントの一つ。

肴はぜひ魚介で、塩を利かせて。遠い異国の海に思いを馳せながら飲むと格別です。たとえばオイルサーディン缶を直火で温めて、塩をパッとふるだけで、ボウモアに合う最高のおつまみになります。

8つあるアイラの蒸溜所のうち、最も古い1779年に創業された蒸溜所が、島の中心部近くの海岸にどっしり佇んでいるそうです。アイラ島はアイルランドから最も早くウイスキー製法が伝わった場所ですから、スコッチ・ウイスキー界の大御所とも言える存在です。

ボウモア(BOWMORE)とは「大きな岩礁」の意で、その名に違わず、海にうかぶ岩礁のように海沿いにある蒸溜所です。海抜0Mにウイスキー保管庫があり、樽の呼吸によって潮を含んだ風をウイスキーに取り込んでいるとのこと。

ボウモアは自社で麦芽(モルト)製造まで行っている珍しい蒸溜所でもあります。ボウモアは、総製麦量のうちおよそ30%がフロアモルティングと呼ばれる伝統的な製法で作られており、その様子は日本のテレビ番組でもよく取り上げられています。

ボウモアは蒸留の際だけでなく、モルトの乾燥の際にも火を使うので、蒸溜所内で製麦しない蒸溜所に比べて熱処理工程が多いのが特徴の一つ。その排熱は近隣住民向けの温水プールとして利用されており、地域の生活に溶け込んだ蒸溜所であると言えるでしょう。

ちなみに、同じくアイラ島の南に位置するラフロイグ(LAPHROAIG)はモルトの100%がフロアモルティングで作られています。

ボウモアで使われる樽は、15%がスペインのシェリー樽、85%がバーボン樽で作られています。(当然、配合は、銘柄やボトルによって異なると思われます)

ボウモアは最近サントリー社が蒸溜所を買収したとのことです。オールドボトルと近年のボトルでは、徐々に味わいの変化なども出てくるかもしれませんね。

 

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。