【激甘】Jim Beam Honey (ジム・ビーム ハニー)

Jim Beam Honey (ジム・ビーム ハニー)の特徴

バーボンの有名銘柄であるJim Beamの特殊版。

蜂蜜などの添加物があるため、日本の法律的な区分では、ウイスキーではなくリキュールに分類されます。

 Jim Beam Honey (ジム・ビーム ハニー)の味わい

もともとベースはバーボン。とうもろこしを蒸留した甘い香りを持つお酒なので、蜂蜜との相性は抜群です。

ほのかな樽を焦がした香りと蜂蜜の香り、甘さが実に好相性。

ただそのバランスをとるためにちょっと甘くしすぎてるかな?という印象があり、ストレートには向きません。

かといって水っぽくなるとなめらかさが半減するので、ロックが最も美味しい飲み方だと思います。

おつまみは甘めのコーン系、たとえばジャンボコーン(蜜がけのポップコーンのようなもの)やスイートコーンの缶詰などがよく合います。

バーボンには興味あるけどいきなり本格的なものはちょっとなあ、という人が試してみるには良いお酒です!

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。