モートラック・レアオールドのフロント。非常に気品がある一本。

【ダフタウンの野獣】モートラック・レアオールド(MORTLACH RAREOLD)

モートラック・レアオールド(MORTLACH RARE OLD)について

モートラック・レアオールド(MORTLACH RARE OLD)は、スペイサイドの名所ダフタウンに位置するモートラック蒸溜所のスタンダード銘柄です。分類ではスペイサイド・モルトになります。

モートラック(MORTLACH)蒸溜所について

モートラック・レアオールドのフロント。非常に気品がある一本。
モートラック・レアオールドのフロント。非常に気品がある一本。

モートラック蒸溜所があるダフタウンは、スペイサイドの中でも素晴らしい蒸溜所が密集している名所中の名所です。ダフタウンにある蒸溜所は、

  • グレンフィデック
  • バルヴェニー
  • キニンヴィ
  • アルタベーン
  • コンバルモア
  • ダフタウン
  • グレンダラン

といった具合でそうそうたるメンツです。上記の中でもやはりシングルモルトの代表的な銘柄、グレンフィデックが存在感がありますね。

さて、こうした銘酒がそろうダフタウン蒸溜所の中でも、モートラック蒸溜所は1823年、最古の蒸溜所にあたります。

モートラック蒸溜所の特徴は、とにかく複雑な蒸留工程にあります。一度の蒸留で、三種類のニューポットを作り、実質的な三回蒸留(厳密には2.81回蒸留と呼ぶらしい)を実現しています。その蒸留釜はウィーウィッチー(可愛い魔女)の名を持ち、愛されているそうです。

モートラック・レアオールド(MORTLACH RAREOLD)の香りと味わい

モートラック・レアオールドのボトルキャップ。細部まで妥協しない姿勢が見える、非常に高級感のある仕上がり。
モートラック・レアオールドのボトルキャップ。細部まで妥協しない姿勢が見える、非常に高級感のある仕上がり。

さて、そんなモートラック蒸溜所のスタンダード銘柄であるモートラック・レアオールド(MORTLACH RAREOLD)を飲んでみました。

場所は新宿西口のスコッチバーHERMIT。グラスはグレンケアンです。

さてまず香りから。直前にアイランズ・モルトでヘビーでブリニーな味わいのトバモリーを飲んでいたためか、スペイサイドらしい華やかなシェリー樽由来と思われるフルーティな香りが目立ちます。枝付きレーズンなんかが最高に合うでしょう。

味わいはノンエイジとは思えないほど相当にスムース。例の、2.81回蒸留というものがうまく効いているのでしょう。とにかく、スペイサイドらしい魅力が出ている優れた一本だと思います。

ところで、モートラックは自称でダフタウンの野獣と呼称しているそうですが、非常に落ち着いた酒質ですし、荒々しさがなく、どちらかというと上品な味わいだと思うのですが、なぜそのような呼称をしているのか、ちょっと良くわかりません。

モートラック・レアオールド(MORTLACH RAREOLD)の総評

モートラック・レアオールド(MORTLACH RAREOLD)は、ノンエイジ銘柄ながら非常にクオリティの高いスペイサイド・モルトです。ダフタウン、スペイサイドの味わいの奥深さを知るには最適の一本。店頭ではなかなか手に入らないですが、Amazonでは購入可能です。おすすめ!

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。