TheGlenLivet-main-label

ザ・グレンリベット12年(TheGlenLivet)【認可第一号の名品】

ザ・グレンリベット12年(TheGlenLivet)について

ザ・グレンリベット(TheGlenLivet)は英国政府公認第一号のシングルモルト・ウイスキー。

TheGlenLivet-main-label
シンプルで飾らないラベル

グレンリベットはゲール語で「静かな谷」。蒸留所はスペイサイド最南部です。

ザ・グレンリベット蒸留所の近辺は、良質な水とピートがあったことから、密造酒が数百とあふれていた地域だと言われています。1824年、それまで続いた酒税法が前年に終わりを迎え、ザ・グレンリベットは政府公認第一号の蒸留所として華々しく歴史の表舞台に登場します。

こうした山間地での蒸留酒の密造の歴史は、日本の球磨川流域で米焼酎が密造されていた歴史に重なるところがありますね。

時の密造者であったジョージ・スミスが、密造者から公認蒸留所の経営者へと転身したことに、密造者仲間からは裏切り者扱いされたそうです。ところが、その品質の高さから名声を誇るようになると、「グレンリベット」と名乗るウイスキーが出回るようになり、それらと区別するために定冠詞をつけて「ザ・グレンリベット」と呼称するようになりました。

TheGlenLivet-neck
渋いキャップ放送

スタンダードなシングルモルト・ウイスキーといった具合。100%ノンピート麦芽なので、ピート香はいっさいありません。香りは木の焦げ、穀物の焦げ感が強いです。含み香からは、樽材由来と思われるほのかな甘い香りが。バーボン樽のみならずシェリー樽も用いられているそうなので、シェリーに由来しているのかもしれません。

味わいからは多少のスパイス感、甘さが目立ちます。ただし12年ものらしく粉っぽさはなく口当たりは非常にスムーズ。総合して、木の香りが強いが飲みやすい、非常に骨太な一品であるといえるでしょう。

ブレンデッド・ウイスキーの原酒としても使われ、

と名作と名高い錚々たる銘柄のキーモルトとして利用されています。

ザ・グレンリベット12年(TheGlenLivet)の総評

ザ・グレンリベット12年(TheGlenLivet)はシングルモルト・ウイスキー、そしてスコッチ・ウイスキーを知る上で避けて通れない一本。世界で一番販売されているシングルモルトとして、とくに北米では有名です。オススメ!

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。