ダルウィニー15年

【高地の美酒】ダルウィニー15年

ダルウィニー15年は、ダルウィニー蒸溜所のシングルモルト銘柄。クラシック・モルトシリーズの北ハイランドの代表です。

ダルウィニー15年の香りと味わい

ダルウィニー蒸溜所は、標高が高い蒸溜所として知られています。

ダルウィニー15年の箱。ちょっとプレミアム感があります。
ダルウィニー15年の箱。ちょっとプレミアム感があります。

ブレイヴァル蒸溜所ができるまでは、スコットランドの蒸溜所の中でもっとも標高が高かったそうです。

「ダルウィニー」はゲール語で「待ち合わせ場所」を意味するので、高台の待ち合わせ場所になりますね。素晴らしい景観が瞼の裏に浮かぶような、素敵な名前ですね。

そのため、エンジェルズシェアは非常に少なく、熟成もかなりゆっくり進むそうです。それが穏やかな酒質につながっているのかもしれません。

いぜん、クラシックモルトシリーズの6種をすべて飲み比べしたことがありましたが、もっとも美味しいと思ったのはこのダルウィニーでした。

クラシック・モルト・シリーズ6点の飲み比べ。ダルウィニーが一番おいしかった。
クラシック・モルト・シリーズ6点の飲み比べ。ダルウィニーが一番おいしかった。

酒質は非常に穏やかで、非常に上品な逸品だった記憶があります。

ボトルを買ったので、あらためてテイスティングしてみます。

まず香り。加水する前から、洋梨、オレンジのようなフルーティな香り。

一方で、注意ぶかく香りを嗅ぐと、ベースにほのかなスモーキーさがあります。

フルーティさを基軸とし、控えめにピートを配置することで、立体的な香りと奥深さを生まれています。

味わいは非常にマイルド。刺激感、未熟成感は皆無で、とても飲みやすい。

多くのシングルモルトは、数滴加水したほうが美味しくなるのですが、こちらはストレートでも相当に飲みやすく、加水するのがもったいないほど。

洋梨に近い香り、スムースな味わいといい、日本の白州に少し似ている気がします。(個人的には、ダルウィニーのほうがずっと好きです)

ダルウィニー15年のまとめ

ダルウィニー15年は、控えめにいって、最高の美酒のひとつといって良いでしょう。果実香、燻製香、樽感、長期熟成香、すべてのバランスが良いです。クラシック・モルトシリーズの中でも最高峰の一本。

とにかく買い。おすすめです!

この記事のURLとタイトルをコピーする

↓↓SNSはじめました

Twitterアカウントでは、過去に紹介した銘柄を1日1~2回ランダムポストしています。当然新規記事もご紹介。