当サイト「ウイスキーノート」について

当サイトにアクセスいただきありがとうございます。このサイトは、日々口にしたウイスキーや学んだ知識を記録していくものです。

このサイトは、2017年4月30日に、「ウイスキーブログ」から「ウイスキーノート」への名前を変更しました。おもな理由は以下のとおり。

  • ジャパニーズ・ウイスキーの礎となった「竹鶴ノート」に敬意を表したいから
  • ウイスキーは「ノート」(香りのこと。トップノートといったりしますよね)を楽しむ「飲む香水」だと考えているから
  • 単なる「ブログ」にとどまらず、「記録」として価値のある情報を書いていきたいから

以後は、こうした気持ちを忘れずにサイト運営に邁進したいと考えています。

今後は、ウイスキーの銘柄だけでなく、その背景や歴史、蒸溜所の情報などについてもできるだけ詳しく紹介したいと思っています。当ブログを通じて、ウイスキーが好きな人が少しでも増えて、ウイスキー文化や市場が成長していく手助けになれれば幸いです。

人気記事

そもそもウイスキーとは

酒は飲み手、語り手の数だけ無限の側面を持っていると思います。ウイスキーとは何なのでしょうか。私はウイスキーとは「飲む香水」であると思います。

香水がアルコールに香りを溶け込ませるように、香味成分はアルコールに溶け込む性質があります。雄大な時間を経て、およそ40~60度のアルコール度数の液体の中に、原料である穀物、貯蔵する樽、樽貯蔵庫に吹き込む風土をからなる香りを閉じ込めたものがウイスキーなのです。

ウイスキーの語源

ワインや日本酒、ビールなど、糖分を酵母によってアルコール発酵させた状態のお酒は醸造酒と言われますが、それを蒸溜してアルコールを強化したもの、つまりワインにおけるブランデー、日本酒における米焼酎、ビールにおけるウイスキーが蒸溜酒と言われます。

醸造酒と蒸溜酒の大きな違いはアルコール度数の違いです。アルコール度数が高くなることで、腐敗しなくなり、さらに消毒の機能を有しました。

蒸溜という技術はもともと古代メソポタミアからあったそうですが、ペストなどの伝染病が蔓延する中世において、腐らず消毒ができる奇跡の水、「生命の水(アクア-ヴィテ)」として、錬金術の発達に育まれる形で発展しました。

今でもヨーロッパで飲まれる蒸溜酒の名前には、生命の水を語源とするものが残っています。例えば、スカンジナヴィア半島でジャガイモを原料として作られる蒸溜酒は「アクアヴィット」、ロシアで主に穀物を原料として炭濾過して作られるクリアな蒸溜酒は「ヴォトカ」と言われますが、これらはすべて「生命の水」を語源としています。

そうした中でも、アイルランドやスコットランドなどのゲール語圏で作られていたウシュクベーハー(=生命の水)なる蒸溜酒が、19世紀に樽熟成という文化的変革を遂げ、現在よく知られるウイスキーとなりました。

ウイスキーと樽

ウイスキーは今でこそ、樽熟成された蒸溜酒、ブラウンスピリッツとして知られていますが、樽熟成の歴史は長くありません。19世紀後半、税吏から密造したウイスキーを隠すために樽に詰めて放っておいたところ、驚くほど美味しくなっていたという偶然の発見によって見つかったと言われています。

つまりそれまでは、ウォッカやアクアヴィット、米焼酎と同じく透明なお酒だったのです。もっとも、赤ワインやシェリー酒など、樽熟成によってアルコールが熟成することは当時すでにスコットランドやイングランドの上流階級では既に知られていたことでしょうから、偶然ではなかったかもしれません。

また19世紀当時、イングランドはシェリー酒の一大消費地であり、スペインからシェリー輸送用の樽が山ほど余っていたことも、ウイスキーのブラウンスピリッツ化に拍車をかけたのでしょう。

ウイスキー銘柄の地域別索引

ウイスキーは自然が育むものですから、産地を知ることでより深く味わえます。スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、そして日本が「5大ウイスキー産地」に数えられます。こちらでは、産地別にウイスキーをご紹介しています。

その他の分類

ご紹介しているウイスキーは、ブレンデッド・スコッチ・ウイスキーが主体ですが、これから徐々にシングルモルト銘柄のご紹介も進めていきたいと思います。

また著者は竹鶴政孝の大ファンで、最近は余市蒸溜所に旅行して、ニッカウヰスキーのご紹介が多くなっています。

飲み方はもっぱらストレートと大量のチェイサー、せいぜいウイスキーと水を一対一にしたトゥワイスアップでまでで、凝った飲み方はしないので、その前提でお読みください。

【鹿の谷】グレンフィデック(Glenfiddich)12年

グレンフィデック(Glenfiddich)について

「グレンフィデック(Glenfiddich)」は、ゲール語で「鹿の谷」の意。秀逸なマーケティング戦略が功を奏し、シングルモルト銘柄として世界一の売り上げと数々の賞を受けています。
続きを読む 【鹿の谷】グレンフィデック(Glenfiddich)12年

この記事のURLとタイトルをコピーする

【マル島の安全な港】レダイグ(LEDAIG)

レダイグ(LEDAIG)について

「レダイグ、またはレディグ、レイチェック(LEDAIG)」は、ゲール語で「安全な港」の意。トバモリー蒸溜所で作られるピート香の強い銘柄です。
続きを読む 【マル島の安全な港】レダイグ(LEDAIG)

この記事のURLとタイトルをコピーする

ウイスキーの飲み方【100%楽しむ】

ウイスキーを100%楽しみつくす飲み方とは

NHKの「マッサン」の影響で、さらに裾野が広がったウイスキー界隈。「ウイスキーを100%楽しみつくすにはどんな飲み方を実践すればいいんだろう?」といった方はぜひご覧ください。「バーでウイスキーを頼んでみたいけど、頼み方で失敗したくない」といった方にも役立てると思います。

続きを読む ウイスキーの飲み方【100%楽しむ】

この記事のURLとタイトルをコピーする

【竹鶴の縁】Hazelburn(ヘーゼルバーン) 12年

Hazelburn(ヘーゼルバーン) 12年について

スプリングバンク蒸溜所のシングルモルトの銘柄の一つ。名前の由来は、1925年に閉鎖されたヘーゼルバーン蒸溜所からで、同所は竹鶴が研修を受けたことでも知られています。
続きを読む 【竹鶴の縁】Hazelburn(ヘーゼルバーン) 12年

この記事のURLとタイトルをコピーする

vatted-malt(ヴァッテッドモルト)

vatted-malt(ヴァッテッドモルト)とは
vatted-malt(ヴァッテッドモルト)とは、複数の蒸溜所で作られたモルトウイスキーのみを混合して作られたウイスキーの分類上の呼称。同義語に、ブレンデッド・モルト、ピュアモルトなど。

続きを読む vatted-malt(ヴァッテッドモルト)

この記事のURLとタイトルをコピーする

Single Cask(シングルカスク)

Single Cask(シングルカスク)とは
単一の樽から瓶詰めされたウイスキーのこと。同義語としてSingle Barrel(シングルバレル)がありますが、シングルバレルはバーボンで一般的な呼称のようです。

続きを読む Single Cask(シングルカスク)

この記事のURLとタイトルをコピーする

【随時更新】安ウイスキーのオススメランキング

奥深き安ウイスキーの世界

一昔前までウイスキーといえば高級品の類でしたが、輸入酒税の改定などで安くウイスキーが手に入るご時世になりました。

1000円前後で手に入る銘柄を中心に、随時更新です!
続きを読む 【随時更新】安ウイスキーのオススメランキング

この記事のURLとタイトルをコピーする

【カフェ式】ブラックニッカスペシャル(Black Nikka Special)

ブラックニッカスペシャル(Black Nikka Special)とは

アサヒビール配下のニッカブランドを象徴するブレンデッドウイスキー。宮城峡と余市のシェリーオーク原酒とカフェグレーンがブレンドされた甘めのウイスキー。

値段は2015-09-13時点で1300~1600円程度で購入できるので大変手頃。

続きを読む 【カフェ式】ブラックニッカスペシャル(Black Nikka Special)

この記事のURLとタイトルをコピーする